忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[387]  [255]  [377]  [386]  [385]  [379]  [381]  [380]  [378]  [376]  [375
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少し前のニュースですが、気になっていたので。

公的年金の積立金の2008年度の市場運用実績が10兆円の損失となったことが分かりました。
→ 詳細記事 (読売新聞)

20090627-456218-1-L.jpg












ざっくりと、

日本中から集めた公的年金の総額(積立金)は140兆円。
そのうち90兆円(64%)を運用(リスクを取って投資)。

最悪の場合は、積立金は50兆円に減る可能性があるということです。
(金融のプロに運用を委託しているようなので、まずあり得ないとは思いますが・・・・・)

運用しているのは「年金積立金管理運用独立行政法人」というところです。

そもそも、年金がここまでの高い割合で運用されているなんて知りませんでした。。。
投資の世界は100人いたら1人しか生き残れないと言われている世界なのに。
運用担当者の方々は、給料貰って、生活を保障されながら、ノーリスクで運用しているわけで、それだけの「生きる力」があるのだろうか・・・。
国がやってるっていっても、あの社会保険庁ですからね。

年金をもらえなくなる可能性の要素は2つ。

①公的年金の運用成績が悪化 → 株式市場の長期低迷

②公的年金の加入者減少 → 不払い、少子化

ようするに「年金システム」って、右肩上がりの人口増加(公的年金の加入者増加)&右肩上がりの運用成績プラスの前提の上にあるんですよね。
みなさんご存知のとおり、国民年金も厚生年金も破綻寸前なんですけどね。
私たちが受け取るころには制度的に破綻するとしか思えないんですよね。まあ税金で補填するんでしょうが。その財源もあるかどうかわからんし(ない可能性のほうが高い)。

住宅価格が上がり続けることを前提にしたサブプライムローンのようですが、

それってどうなの・・・・・・。

中途半端に、「年金」なんてせずに、「税」とするか....。
そうすれば、国税庁が扱えるし、資産処分をして強制徴収できるし、本当に払えない人は、免税処置として明確に払わないで済む。
もしくは「国」に任せず、すべて個人で運用するか。自動車保険みたいに、年金も健康保険も自分で選んで、民間会社に運用してもらうか。。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]