忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[107]  [110]  [112]  [105]  [97]  [109]  [106]  [102]  [103]  [101]  [100
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

fde873ffjpegザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

エリヤフ ゴールドラット (著), 三本木 亮 (翻訳)
出版社: ダイヤモンド社
価格: 1,680円(税込)











最近、一気に読んだ本。
機械メーカーの工場長である主人公を中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説。
通常、アメリカでベストセラーと なったビジネス書は、すぐに日本語に翻訳されるものだが、
この本は世界で250万部売れたにもかかわらず、17年もの間日本での出版だけが認められなかっ た本。
いわば「幻の名著」である。日本人に教えたらアメリカはヤバいことになるということで。

生産管理やTOC理論(制約条件の理論)の全く知識がない状態で読みましたが、
小説としても面白く、まるで現場で一緒に課題に取り組んでいるように読み進めることができた。

工場の専門知識がなくてもわかるようになっており、文体も話し言葉がほとんどで会話をしながら
主人公と一緒に学んでいくという形式になっているのでとても読みやすい。

企業や工場の本当の目的な何なのかというところから、根本的な問題を見つけ、その見つけ方を解明し、
問題を解決する方法を探していく。
小手先だけの解決ではなく、パラダイムシフトが重要だということが言われている。

読み進めながら、なるほど!確かに!という感動が次々に浮かんでくる。
また、この本で学ぶことができる思考プロセスは、特定の工場だけでなく、会社全体や人生においても同じことが言えるのではないかと思われる。

多くの「気づき」があった1冊。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]