忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[413]  [412]  [411]  [405]  [409]  [410]  [401]  [408]  [407]  [406]  [403
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昼間はまだまだ暑い日が続いていますが、朝夕の涼しさが、秋の訪れを感じさせてくれます。
土曜日にオランダ-日本を家でTV観戦。

前半は狙い通りの「パスサッカー」と「連動したプレス」で思い通りにゲームをコントロールしていたものの、後
半徐々に自力の差が出ましたね。
前半はすごくバランスが良かった。(バランスだけか)
中盤のサポートの距離感も、DFラインの高さも、GKのカバーリングポジションも。。
オランダ相手に、こんなにできるんだ~と驚き、いいもの見せてもらったな~て思っていました。
だけど後半は・・・チ~~ン

W杯ベスト4に進出するため(この目標もどうかと思いますが)に、何が足りないのか?
すごく考えさせられる試合だったと思います。
プレスを連動させ続けるスタミナの問題なのか。
フィジカルの問題なのか。
決定力の問題なのか。
私が感じたのは、

「相手の最終ラインを崩さなくてもゴールを決められるオランダ」と
 
「相手の最終ラインを崩さないとゴールを決められない日本」の差

に見えました。
崩しても決めれない決定力というのもありますが。。。
それが、オフェンス個々の攻撃力・決定力の差が原因であることはこれまでも言われ続けていたことです。
Jリーグでは点を決められても、屈強な世界レベルのDFを背負った途端、何も仕事ができなくなる。
それは、監督も選手もわかっている。
だからこそ、日本は今の「パスサッカー」を選択せざるを得ないというジレンマを抱えているわけです。 1人でゴールをこじ開けられる選手がいないなら、2人~3人でゴールを奪いにいくしかないわけです。
少なくとも世界のトップレベルで通用する日本人ストライカーが現れるまでは、今のサッカーを究極のレベルに高める以外、日本サッカーが目指す未来は無いと個人的に思っています。

そう考えると、今の「パスサッカー」を貫くためのカギは「スタミナ」なのかもしれません。
プレスも連動させて、パスサッカーも90分間続けるためには無尽蔵のスタミナが必要になります。

全然レベルは違うものの、私自身も自分のフットサルチームで似たような問題を痛感しています。

「連動したプレス」と「個人技」で前半はゲームをコントロールできる。だけど、それが後半も同じように続けることができるかと言われれば、すごく難しい(汗)
まぁ私たちの場合は根本的に練習量の問題がありますが、日本代表の場合は練習量が問題になることはあり得ないと思うので、やはりそこは日本代表のサッカーとして、一貫したコンセプトでクオリティを高めていくしかないのではないでしょうか。

またマスコミには「ベスト4は無理」とか叩かれると思いますが、今のサッカーを信じて、「究極のパスサッカー」を目指して頑張ってほしいです。

しかしN村とかN友とかいつまで使うんだ。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]