忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [167]  [168]  [166]  [165]  [164
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たまたまIEでこのブログ見てみたら、左カラムが下に思いっきりズレてた(汗)
あわてて修正。。。 誰も教えてくれなかったのがショック(涙)
普段は会社も自宅もブラウザはすべてFirefoxなので気がつかなかった。
※Firefoxではズレずにフツーに表示されていた。

昔、日本テレビ系列で、
 「進め!電波少年」という番組がありました。

 アポ無しで世界中の要人に突撃したり、
 若手芸人が世界中をヒッチハイクしたりして、
 けっこう話題になっていたテレビ番組です。

 若手芸人や役者にものすごく過酷な企画をやらせて、
 ものすごく批判も起こっていたテレビ番組でしたが、
 個人的にかなり印象に残っていることがあります。

 それは、過酷で難しい企画をやらせるのですが、
 プロデューサーがまず企画を説明してから、


 「この企画、やりますか? やりませんか?」


 ということを、直接本人に尋ねることです。


 「やります」と答えた人間に、企画をチャレンジさせていました。
 (覚えている方、いますよね?)

 演出的に強引に言わせているのかもしれませんが、
 だいたいは売れない若手芸人や役者の卵なので、
 ほとんどの人が「やります!」と即答します。

 そして過酷な企画にチャレンジした結果、
 そこから名を売って活動の幅を広げていった人もたくさんいました。


 その、企画の始まり方がすごく印象に残っています。


 つまり、どんなことであっても、
 自分が「チャンス」に巡り合えるかどうかは、

 「やりますか? やりませんか?」

 と問われた時に、即答で「やります!」と答えられるかどうか。

 そういう即決力にかかっているのではないか、
 と今でも思うのです。

 そして、自分自身も必ず、何かの選択に迫られた時には、
 「やりますか? やりませんか?」と尋ねられて
 即決できるかどうかを考えるようにしています。

 もうそこで即決できなかったら、その機会は二度とないと考え、
 その機会が二度来なくてもいいようなものなら、絶対にやらない。
 そうでなければ、「やります!」と即決してやり抜く。

 そのように、自分自身のルールを決めています。

 (やらないと決めたら絶対にやらない、というのがポイント)
 私の性格を知っている人は、私が「行く。」とか「行かない」と一度言うと
 どんな条件を後から出されても、最初の決断を突き通すのを知っていると思います。


 やろうかどうか迷っているものは、

 「やりますか? やりませんか?」

 とそれぞれ自分に尋ね直してみます。


 即決できるならば、今日からやる。
 即決できないならば、二度とやらない。

 そんな感じで、自分の行動を取捨選択していくと、
 「いつかやる」「暇になったらやる」なんていって
 ぐだぐだと始めてもいない頭の中の予定がすっかり整理され、
 プライオリティも整頓され、時間の使い方も無駄がなくなっていくと思います。

 ぜひやってみては。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]