忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[245]  [246]  [244]  [242]  [237]  [240]  [239]  [241]  [236]  [238]  [235
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週、とある契約書を作成していました。
そこでの気づき。

様々な会社の契約書に目を通すなかで、契約書にも「色」があることに気がつきました。
それぞれの会社の姿勢のようなものが感じられて面白い。
正確に反映されているのかどうか定かではありませんが、少なくとも契約書上は考え方の違いが出ている。


たとえば、威圧型と親睦型(?)がある。

前者は、「○○についてあなたが守りなさい」という内容のみで、守れなかった場合の「あなたのペナルティ」がたくさん書かれている。

一方、後者は「甲・乙お互いに守りましょう」という調子で、守れなかった場合の「お互いのペナルティ」が明記されている。

前者はだいたいが「である調」で、後者は「ですます調」が多い(これは一概に言えませんが)。


よく思い起こしてみると、企業体質が若く、勢いがある会社には後者が多い(ような気がする)。

その色は、顧問弁護士のものなのか、経営者のものなのか、よくわからりませんが、経営者や経営幹部が、それらの文章に目を通していれば(契約関係は目を通すはず?)、監査部門がどうのこうのと言っても「ちょっとこれはおかしいんじゃないか」と、ドラフトの段階で意見できるはずです。


考えてみれば、契約なんてお互いに結ばないと意味がありません。
たとえばNDA(守秘義務契約:non-disclosure agreement)なんて、仕事を進める中でお互いの機密が知れることはあると思うが、「うちのだけ守りなさい」というのはおかしいですよね。


こういうところにも、経営者の考え方は必ず反映されるものではないでしょうか。
大きな企業の場合は、経営者は直接見もしないだろうけれど、その姿勢のようなものはどこか(会社のカラーやマインドとして)に表れるような気がします。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]