忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[366]  [365]  [363]  [364]  [362]  [360]  [353]  [359]  [358]  [357]  [356
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20090524132137.jpg
















昔から好きで、見かけると、つい買ってしまう「ゴルゴ13」。
リイド社より発行の単行本は151巻、文庫本は122巻(2009年1月現在)にも及ぶバケモノマンガです。
そんな、コミック界の最高峰『ゴルゴ13』の、その34年に及ぶ連載全エピソード・476話から、読者アンケート上位13作品を選び、一冊に集成したのがコレ。

090126_1.jpg












1300ページを超すボリューム、どこから読んでも名作揃い。贅沢な一冊!
重さを測ったら、1.6kg!片手で長時間読んでると手首をイワします。

ゴルゴ13の魅力は、その徹底したリアリティーにあります。

その時代時代における政治、国際関係、経済、社会の現実を踏まえたそのストーリーは、掛け値なく面白い!現代の国際情勢をわかりやすく学べます(ただし、現実の世界を題材にしているものの、多分にフィクションも含まれているので、鵜呑みにしてしまうのは問題ですが)。
 
そして、もうひとつの魅力は、ゴルゴ(デューク東郷)というキャラクターそのもの。

笑わない、必要なこと以外はほとんど話さない、感情をほとんど表に出さない。
仕事を遂行するためなら手段を選ばない冷酷無比さで、感情移入することが難しい。
でも、女にはモテる(笑)
こんなキャラクター、今まで存在したでしょうか!

ゴルゴは、その生き様が、仕事を完璧に遂行するということ一点だけにむけられています。
40年間、そのキャラクター設定はまったくブレません。
 
最近、ゴルゴ13のアニメが放映されていましたが、それがショックを受けるくらい面白くなくて、なんで原作のこの面白さを表現できないんだ! とストレスを感じていました。
でも、改めてこのゴツいのを読んでみて理由がわかりました。
ゴルゴ13の面白さである、リアリティーが欠けているんです。たとえば実在する地名や団体をそのまま使い、世界情勢の闇の部分をリアルに描くところが、TVアニメではカットされたり端折られているんですよね。

でも、主人公なのに、ほとんどセリフ のないアニメってすごいと思う。

そろそろ、全巻揃えようかなぁ。

かなりゴツい本ですが、かなり面白い13話が選ばれているので、ゴルゴ入門としてもおすすめです。
一家に一冊のマストアイテムとなりそうです。

リーダーズチョイス BEST13 of ゴルゴ13
さいとう たかを さいとう・プロダクション
小学館

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
是非貸してください。
お願いします。
ヌワンコ 2009/05/26(Tue)12:29:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]