忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[367]  [366]  [365]  [363]  [364]  [362]  [360]  [353]  [359]  [358]  [357
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

a2c54542-9a1f-4fd4-a95e-5a22b47298bc.jpg







iPhoneと比べると幾分話題性が乏しい気もしますが…Google製ケータイ「Android」搭載機種がドコモから発表されました。ニュースリリースも出ています。発売元はHTC Corporation、機種名はHT-03Aで現在のドコモのラインアップでは「docomo PRO series」にあたります。

bnr_ht03a_w170.gif
 


Androidケータイの特徴はGoogle モバイル - Androidを 参照するとして、この端末の特徴は「無線LAN(802.11b/g)、GPS、Bluetooth対応」、「シングルタッチ対応の320x480(ハー フVGA)TFT液晶搭載」、「microSD(2GB)/microSDHC(4GB)の外部メモリーに対応」、「カメラはiPhone 3Gを上回る約320万画素(有効画素数)」などなど。

しかし!iPhone3GでSoftbankがつまづいた例があるのに、あまり生かされていないような?
1年間も後に出すじゃんけんなのに、この端末は去年の夏に発売されたiPhone3Gとのアドバンテージをあんまり感じさせません。
でもOSが無料のAndroidケータイは内容に見あわない安さ!で提供されるはず。
キラーアプリを登場させてAndroidもスマートフォンのスターになれ!るといいね。

今から1年前、iPhone3G発売前にイマイチだと指摘されていた理由の代表例ですが、「それでもiPhoneが売れない9つの理由(デジタルマガジン)」によると、

   1. FeliCaなどの電子マネーに対応していない
   2. ワンセグがない
   3. プランに強制加入というのが気に入らない
   4. カメラが使えない
   5. 本体が高い
   6. キャリアがソフトバンクモバイルである
   7. 通信がもたなさそう
   8. Appleの初物は危険
   9. バッテリーが取り外せない上にサポートがダメ

1・2・4あたりの日本の携帯電話では当たり前のサービスや機能が使えない、とさんざん指摘されてきた1年だったので、docomoならその辺ぐらいは日本向けにローカライズしてクリアしているかな?と思ったのですが・・・。

docomoコンテンツや携帯機能やっぱりほとんど使えない・・・。
カメラもオートフォーカスなのはいいけど、310万画素でフラッシュ無し。
日本の一般的なケータイ(他のドコモ端末)に付いてて当然とも思われる「TV電話」「ワンセグ」「おサイフケータイ」「着うた」「iアプリ」には未対応と なっています。

気になるのがそのソフトウェアを入れる為のメモリがどのぐらい用意されているのかと言う点です。

iPhoneは一番安いモデルで内蔵メモリが8Gあったのですが、

外部メモリは最大2GBまで(2GのmicroSDが同梱)、最大4GBまでのmicroSDHCに対応。という仕様です。

この程度では全く足りませんよ。

音楽や動画を入れたら、そのぐらいは一瞬で満タンになり、肝心のソフトを入れることができません。

そう考えると、

iPhoneとのアドバンテージがそんなにないな・・・。

1年もあとに発売するのに、現行iPhoneとのアドバンテージが

   1. キャリアがdocomo
   2. OSが常駐機能を備えている(iPhoneは一部のみ)
   3. GPS搭載
   4. ボンバーマンと星図がプリインストールアプリ

他に見当たらず・・・。

でもAndroidケータイはこの内容としてはありえない安さ!になるはず。
キラーアプリが登場すればAndroidもスマートフォンの雄に必ずなれる!

ただAndroidは無料で提供されているので、OS開発費用がない分大幅に安くなるはず?
なので、日本の携帯サービスをあまり利用していない人にとっては、激安スマートフォンというだけで手に取りたくなるかも?!

(日本標準のサービスが)何もなかったiPhone3Gが、なんだかんだいって最近びまた売れ始めている1番の魅力。
それは、次々に登場する今までの携帯電話になかった豊富なソフトウェアが、App Storeから簡単に次々にダウンロードできる点です。

Androidでも同様に簡単にソフトウェアがインストールできるらしい「Androidマーケット」がありますし、審査はAppleのものより大幅に緩いので、Androidならではのソフトが大量に登場する可能性があります。

この2点がどのように絡まって機能し、成長するか。そこが楽しみです。
こいつの場合は激震になるのか、ふーんで終わるのかがかなり見物だと思っている。

携帯業界の人間や、ネット業界の人間にとっては「遂にきたか!!」というぐらいAndroid携帯というのはセンセーショナルな製品なんだけど、一般の人にとれば、Googleは知ってるけどAndroidってなんじゃそらな感じだろうな。

iPhone欲しいなぁ。。。



docomoの売り方次第というところなんだろうけど、日本国内でも2,3万円台での発売が見込まれるため、価格に魅力を感じて買う人が結構でてくるかも・・・なんて憶測もなきにしもあらず。
iPhoneの本質 Androidの真価
iPhoneの本質 Androidの真価
posted with amazlet at 09.05.24
日経コミュニケーション編集
日経BP社
売り上げランキング: 6748

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]