忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [312]  [315]  [314]  [308
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とある商品の資料請求をネット経由でしました。
そしたら、翌日の昼間にいきなり営業マンが自宅に来たらしい。
仕事が終わって家に帰ると、パンフレットと名刺が。
そんな経験ありませんか?

私にとって、これほど腹の立つことはありません。

資料請求の際に、備考欄にわざわざ「"郵送"してください。」と書いたのに。
ナメられたとしか解釈できない(他にも日本語が理解できない、漢字が読めない、無職と思われた、などの理由も考えられますが)ので、とりあえず一言物申してやろうと電話しました。

営業マン本人の携帯にかけたものの、出ないので会社にかけました。
本人は外に出ているとのことなので、今日はもうかけてこなくていいことと、明日電話してくるようにと2点伝えて切りました。
そしたら数時間後、その営業からしつこく何度も携帯に電話がかかってきた。

今日はかけるなと言ってあったのに、かけてくるとは。
これまた、ムカつかせてくれたので、3回目の着信で出てみました。

以下は主なやりとり(言葉は丁寧にしてあります)
私:「君はなんで家に来たのですか?そして、なんで"今日は電話しないで"と言ったのに電話してきたの?」
営業マン:「いや~、たまたま近くまで来たので。」
私:「ホントですか?近くには何もないとこなんですけど。」
営業マン:「は、はい、たまたま近くに来たので・・・。」
私:「まぁいいです、後で確認します。で、今日のこの電話は、私をナメてるんでしょうか?」
営業マン:「えっ、あのー、えっとー、そうなります。」
私:「Pardon?? そうなりますって、ホントにナメてるのですか?」
営業マン:「そういうワケではありませんけど。」
私:「ありませんけど、何だよ。」
営業マン:「ナメてるワケではありませんけど・・・。」
私:「ありませんけど?"けど"って逆接の接続助詞ですよ。じゃあ何なんだよ。」
営業マン:「スイマセン、って感じです。」
私:「スイマセンって感じってどんな感じなんだよ。」
(中略)
私:「で、君はこの件どうするの?」
営業マン:「謝ったらいいですか?」
私:「君はどうしたらいいと思うの?」
営業マン:「わかりません。」
私:「少しは考えろよ。」



という感じで延々と続き、頭が悪すぎて話にならない。
自分で考えて行動していないからでしょう、きっと。
まぁ、その前にホント頭が悪い営業マンでした。
その後、上司から「自分が訪問の指示を出した」と侘びの電話がありました。
郵送より手元に届くスピードを重視しての訪問でした。と納得いく回答。

商品・サービスは魅力的な会社だったのに、すごく残念でした。
同時に資料請求した競合のライバル会社に気持ちが傾いたのは言うまでもありません。


頭の悪い人々―人のふり見てわがふり直す「大人の教科書」
藤沢 晃治
三笠書房
売り上げランキング: 92597

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
内容にびっくりしました。
営業マンは新人でしょうか? それでも頭悪すぎる。
いくら返事に困っても、どう答えたら相手が怒るかくらいわかるでしょ~

本当に頭悪すぎ もしくは営業センスなさすぎです。
彼が成長する日はくるのでしょうか・・ふっと思いました。
さくら☆ひよこ 2009/03/26(Thu)13:20:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]