忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [218]  [217]  [215]  [216
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私はプロ選手としてプレーした経験はありませんが、
プロスポーツの世界と、ビジネスの世界は共通している点はすごく多いな、と感
じています。

今日は採用の話。

私の勤務している会社の話ですが、今年度は人員を確保すべく積極的に新卒・中
途採用を行っています。
しかし、いろんな意味でなかなかうまくいっていないのが現状。
ギャップが大きかったり、すぐに辞めてしまったり(先日は3時間で辞めたヤツが
いました)、と労使双方にいろいろ理由はあると思いますが、応募して来た人と
接すると、なんとなく採用試験を受けに来ている人が多いことに驚きます。

まず見た目ですが、金髪だったり、ピアスしてきたり、Tシャツ短パンだった
り、無精ヒゲ…作業職の募集とはいえ、面接する以前の問題です。
ナメられてるのかな?と感じてしまいます。


アマチュア選手がプロ入りをする時って、どうなのか。と考えてみる。

球団の強化担当が有能な新人を見つけてきたり、セレクションを行ったり、
強化指定選手にして練習参加させたり、で指名されて入団が決まりますよね。

また、新卒とは別にトライアウトがあったり、個別にテストを行ったり、
そこで能力を見極めてオファーを出すかどうかを決めています。

プロ入団ということは、高校サッカーや大学サッカーをやっている選手にとって
は、お金をもらうプロになるわけです。
つまり学生が企業に就職という形で入るのと同じことです。

スカウトやセレクションの担当は、人事部のようなものですね。

プロ入りを果たす人には、いろいろなタイプの選手がいます。
サッカー選手もFW、MF、DF、GKとそれぞれ果たす仕事が違いますよね。
でも、全員に共通して言えることは、
「フットボールを真剣にずっとやっているか」
ということではないでしょうか。

当たり前ですよね。

全くサッカーをやったこともないただのド素人が、
「Jリーグに興味あるんです。入団したらちゃんと練習するので、入れて下さい。」
などと言っても、入れてくれるはずがありません。
これ、皆さんの就職活動に当てはめると、どうでしょう?

これまでただ遊び呆けていたのに、
「○○業界に興味がありますから、志望しました。」
「会社に入ったらがんばりますので、入れて下さい。」 
みたいなことを平気で言っている学生、ものすごく多いですよね。

勉強は適当、アルバイトは誰でもできるようなものばかり、
サークル活動などで遊び放題やっていた人間が、
「今まではそうだったけど、これからはちゃんとやりますから」
などと言っても、誰も相手にしてくれません。


プロ選手は入団する前にずっと真剣にトレーニングをやっていなければならない
のに、学生が会社員になる時は適当でいい、
なんて思っている学生が多いのには、本当に驚いてしまいます。

まぁ、自分自身も学生の時は近いものがありましたが。(笑)


しかも、すぐ「ES(エントリーシート)で目立つテクニック」とか、
「面接で好印象を与えるテクニック」とかに走ってしまう。
典型的な最悪の就職意識ですね。


選手が、入団のために交渉術を練習するようなものです。
スカウトは交渉術を見ているわけではなく、本人の能力やメンタルを見ているは
ずです。(もちろんポテンシャル部分も)

それは一般企業も同じで、面接官は、好印象を与えるようなテクニックがどうか
を見ているのではなく、本人の能力や伸びしろ、真剣さを見ているのです。
だから、普段から何をどういう目標を持ってやっているかが問題なのです。
自分のビジネス能力の向上のためにこれだけやっています、ということが重要です。

就職活動を「当たるか当たらないか」というクジ引き会場のように思っている学
生が結構多いですが、(しかも当たらなかったら就職浪人してまたクジ引きに参
加しよう、みたいな甘いことを考えている学生も多いのには驚く)

就職活動とは、

「これまで自分はどのように能力を磨いてきて、
それが企業にとってどのように役立つのか」

いうことを伝える、知ってもらう、という活動です。

「私はこれだけのパフォーマンスがあるから、私を雇うことであなたの会社にこ
れだけのリターンがありますよ。」

というスタンスでないといけません。

これから就職をする学生へ

就職活動が始まるまでに、自分は何を鍛えておかなければならないのか、どのよ
うな経験をしておかなければならないのか、よく考えて、限りある学生生活を送
りましょう。
ちなみに、そう助言をすると、
「資格を取ることだな」「留学することだな」「インターンすることだな」
なんて、短絡的に考える学生がいるかもしれませんが、違いますよ。(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
作業員は・・・そういう風に思われがちなんでしょうね、たぶん。

私も学生の時の就職活動は必死でやってましたが
あぁ~人事担当の人にはいろいろバレてたんだろうな、って
今になるとちょっと恥ずかしいです(笑)

toraneko 2008/11/07(Fri)12:47:06 編集
無題
>とらねこさん

応募者にそう思われるのが残念です。

作業職でも、せめて夢や目標をもってほしい。
経営者感覚を持って、いかに安全性かつ生産性を上げるかとか考えれる人がいいな~。
作業職が経営者感覚を持てば、会社はすごく成長できると思うんだけどなぁ。
現状は、いかに残業するかを考えて、自分の時間を切り売りしてる従業員ばかり。
目の前しか見ていない。
残念です。

Yes,we can.って感じで頑張ってほしい(笑)
JUNPEISM 2008/11/08(Sat)18:47:32 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]