忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[98]  [96]  [95]  [93]  [94]  [92]  [91]  [90]  [88]  [86]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またまた選挙ネタ。

R25のコラムから抜粋。

29日(日)に投票日を迎える参議院選挙。おととしの郵政民営化選挙は投票率67.51%と過熱しました。今年春の統一地方選挙も東京都知事選挙では投票率54.35%とそこそこの盛り上がり。…でも、投票行きました?

実はぼくらR25世代の投票率は前回の参議院選挙で40.5%と、全世代中最低レベルなんです。一番高い65~69歳の75.43%を頂点として、年齢に 比例するように上がる投票率。団塊世代が人口的にも多いことを加味すると、はっきり言って、日本の政治は中高年の意見が強く反映されている一方で、ぼくら R25世代の影響は少ないというわけです。なのになぜぼくらは選挙に行かないのか?

「これは全世代のアンケートですが、一番多い棄権理由は『用があったから』。さらに『面倒』『選挙に関心がない』といった政治的無関心や、『適当な候補 者・政党がない』『選挙で政治は変わらない』『自分一人が投票しなくても同じ』といった政治的無力感も多いですね」とは総務省選挙部管理課の長谷川係長。 「結婚して子供をもつと途端に社会との接点が増えるため、そこから政治に関心をもつようになる人が多いようです」とも。

しかし1票とはいえバカにできません。今回の参院選にかかる経費は580億円。仮に有権者数で割れば、1票580円の税金がかかっている計算になります。 さらにちょっと乱暴な理屈ですが、国政選挙といえば、いわば2007年度・国家予算の一般会計82.9兆円に特別会計175.4兆円をあわせた、258.3兆円の使い道をみんなで決めているようなもの。考えようによっては、1人(1票)当たり、約258万円分の国家予算を動かしているのと変わらない、とも いえるのです。

選挙権を持っている日本人は約1億人。うちR25世代の男性は10分の1弱の920万人ほど。貴重な選挙権、今回あなたは行使しますか? しませんか?
(R25編集部)




ちょっと乱暴な計算ですが、258万円の使い道を決めているっていう発想はおもしろいですよね。

どうせなら、258万円の配分を国民が簡単に決められるともっと面白いのにね。
例えば、 
公共工事、医療福祉、財政再建、軍備、みたいなカテゴリーにくくって、比率を決められるようにするとか。
で、各政党は
公共工事なら○○分野に重点的に使うよ。とか。
医療福祉なら■■分野に重点的に使います!とか。

そういうことで各政党のカラーを見せていくってのはどうですか?

昔は難しかったと思いますが、今のIT時代なら選挙自体をIT化すればやってやれないことはないはず。
どうでしょう? どなたか真剣に検討してもらえませんか?

というわけで皆さん、7月29日は必ず投票に行きましょうね!!
  
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
参議院選 投票率
柳沢発言柳沢発言「若い人たちは子どもを2人以上持ちたいという健全な状況にいる」こ...
URL 2007/07/31(Tue)22:55:45
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]