忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[239]  [241]  [236]  [238]  [235]  [234]  [232]  [230]  [231]  [229]  [228
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



日曜日、札幌戦での米山のゴールは本当に涙が出ました。
TV・生問わずに、名古屋の観戦でよく泣く私ですが、昨日は久しぶりに大量の涙、涙。タオル1枚使いました。

実は退団することを知らずヒーローインタビューで『置き土産』と言ってたのが気になりすぐに調べて、今シーズン限りで退団という事実を知りました。
見事な置き土産です・・・。
フリーキックが決まった瞬間、本来ならば笑顔で喜ぶべきところが、TVに映った米山選手の表情は鬼気迫るものがありました。
そういうワケがあったのですね・・・。

優勝の可能性を残した状態で迎えたホーム最終戦。
昨日の鹿島のロスタイムでの勝ち越しでちょっと萎え気味のところもありましたが、監督・選手を信じて、我々は応援するのみでした。

前半は先週の京都戦を思い出すかのような、早々の先制と追加点。
小川のFKはよかった。

でも、ここからリズムを失い、押し返されるのも、先週のデジャブのよう。
なんだか前線の選手が、みんな退団の決まっているヨンセンに決めさせたいのか、シュートを打たないし、打っても枠に行かない。
マギヌンはことごとくチャンスを潰すし。
チャンスに決めていれば、前半で4-0くらいになっていたはず。

後半になると、中盤以降がなんだかばたばたし始めて、25分についにダヴィに決められてしまいます。
ダヴィよ、決めるのは今週じゃなくて来週、鹿島にブチ込んでくれ。

このままの流れだと、最後に追いつかれちゃうかもと思った頃に、バランスを取るために投入されたのが米山。
4-2-3-1っぽくして、中盤の支配率をあげてきました。

そんな中で、ロスタイムも残り少ない状況で得たFK。
また、小川が蹴るのかと思っていたら、ボールの後ろに立ったのは米山。
蹴る前に執拗にストイコビッチ監督が何か指示を与えているから、何かするのかと思っていた。
(試合終了後に監督が、米山に蹴れと言ったと言っていました。)

リードしているとはいえ、札幌の猛攻にさらされ、チャンスを逃してピクシーもベンチを蹴るくらいイラついていた
状況で、その嫌な流れを払拭してくれました。

チームにとって米山は絵に描いたような「縁の下の力持ち」だった。
思い返せば、苦しい時には常に彼が飄々と現れていた感じだ。
ただボールを蹴ってゴールに入れるだけのスポーツが、なぜ人の心を捕えて離さないのか、米山のFKが理由の一つを教えてくれた気がします。

さあ、週末は最終戦。
大分(4位) VS 名古屋(2位)
ホーム最多勝チームと、アウェイ最多勝チームの戦い。優勝戦線と共にもたらされた最終節屈指の好カードは、今シーズン台頭した2チームの価値を証明する戦いになるだろう。
気が気でない週末になりそうです。

妻に「大分行ってくるわ!」と相談したら、「アホか。」とあっさり却下(涙)


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]