忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[37]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [28]  [26]  [27]  [29]  [25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

89aac739jpeg











最近読んだ本。この本の凄い所は、タイトルだ。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」

誰もがこのタイトルを見ると
「んっ!? そういえばそうだよな~」
と思い手に取ってしまう。
そしていつも間にか立ち読み開始。
パラパラめくれど中々結論が出てこない。
あかんっ めんどい!
安いし購入するか! 
と、いつも間にか購入。
中々素晴らしい戦術だと感心する。
(ちなみに内容からするとサブタイトルがタイトルになるべき)

で、肝心の中身。
これも身近なわかりやすい例えを取り入れて、読者を飽きさせない。

会計の入門書と言うにはやさしく、入門書の入門書という感じです。
世間で入門書と言われているものは専門用語が多く教科書的で、初心者は苦手意識を抱いてしまいま す。
しかし本書では、身近な話題を会計の発想で解説し、少しずつ会計的な考え方ができるように工夫されています。
「習うより慣れろ」型のアプローチです。 本書のタイトルにもある「さおだけ屋」の項目からは、利益と費用について学んでいきます。
本書では「利益」「連結経営」「在庫」「資金繰り」「決算」「回転率」など基本的な会計の事項を網羅しており、会計の世界への第一歩を印すに は充分な内容だと思います。
私自身もそうでしたが、会計は最初の一歩の敷居が高く、理解しようにも頭が受け付けない状態になってしまいがちです。本書を読 んで軽々とそのハードルを飛び越えることができたような気がしました。
たぶんわかった気になっただけかも知れないけど、とても嬉しかったし、もっと勉強して使いこなせるようになりたいと思いました。

ベストセラー本というのでちょっと敬遠してたんだけど
読んでみて、なぜベストセラーになるのかわかりました

難しいことを難しく言うことは結構簡単なのですが
難しいことを簡単に言うことはとても難しいです
しかし、この本はその難しいことをいとも簡単にやってのけたという感じです 。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学(新書)
山田 真哉(著)
出版社: 光文社
735円(税込み)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]