忍者ブログ
Buena Suerte! すべての人々に幸運を! すべては、気持ち!キモチ!
[75]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

浜松来たからには餃子屋1軒だけでは帰れないやろ~ということでもう1軒ハシゴすることに。

向かったのは「むつぎく」。
この時点ではまったく気づいていなかったが、この『むつぎく』は「浜松餃子」を語る上で外すことの出来ない名店のひとつということである。
5月ぐらいに放 映されたPSの「餃子」特集でも、浜松餃子の代表格として取り上げられたようだ。
到着すると、すでに行列。
しばらく待って座ることができました。

comn0020.asp.jpg










むつぎく
住所:浜松市中区千歳町54-1 中央千歳ビル1階
電話:053-455-1700
営業時間:12:00~14:00 17:00~23:00
定休日:月曜日

やがて、餃子が到着。
フライパン状に円を象ってキレイに並べられた餃子が皿にひっくり返されており、真ん中に浜松餃子の特徴である茹でもやしが添えられている。
20070616135955.jpg











皮は驚くほど薄く、となりの餃子と剥がすのに難儀するほど。
口の中で野菜中心の餡がホロっとほどけ、キャベツの甘みとほんのりニンニクの風味が広がる。肉肉しさはほとんどない。入ってはいるようだが。
これは何個でもいける。

さすが浜松餃子。
餃子ばかりを食べて、これほど胃にもたれないことがあるであろうか、という感じ。
それでいて物足りなさを感じるわけではないのは、さすがというべきか。

一定の満足感が得られた。また別の店でも浜松餃子食べてみたい。

20070616125500.jpg










ついでに中田島砂丘へ寄り道。
鳥取砂丘・九十九里浜と並んで日本三大砂丘の一つである中田島砂丘。
東西4km、南北600m。砂丘を越えると、どこまでも続く太平洋 が広がり、ここから見る夕日はとてもロマンチックらしい。
遠州灘から吹く風と砂とが作り出す風紋は、風の強さ、向きによって生き物のように模様を変え、まさに芸 術作品。また、初夏から秋にかけて、アカウミガメが産卵に上がってくるらしいです。
とにかく、砂、砂、砂・・・。果てしなく砂が続く・・・。

こんなカンジで浜松楽しんできました。
日帰りで十分いける距離なので、浜松で餃子ランチ挑戦してみてください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
twitter
Widget




Re:Comments
[05/15 backlink service]
[03/28 dyncFeettanty]
[02/09 nakedcelebritiesu]
[02/03 celebritynuder]
[11/08 briceljq]
[11/08 homark]
[11/08 cafutas]
[11/08 domanjkoq]
[11/08 cimermana]
[11/08 domanjkou]
チームマイナス6%
ちょっとずつ、できることから。 チームマイナス6%
お役立ちサイト
私はここで英語学んでいます。
無料なのが信じられないくらい充実しています。
Copyright © JUNPEISM *** All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / 忍者ブログ [PR]